WATALISは創立記念日である5月15日を「WATALISの日」とさだめ、日本記念日協会の認定を受けました。

毎年5月15日はWATALISの日

WATALISは創立記念日である5月15日を「WATALISの日」とさだめ、日本記念日協会の認定を受けました。

watalisの日認定証

記念日の由来

私たちは被災地である宮城県亘理町で、地元女性3名が中心となって震災後に起業しました。人口減少や高齢化が進む被災地域内で“返礼文化”“縫製技術”“感謝を形にする高齢女性の生き方”という無形の地域資源を可視化し「FUGURO(ふぐろ)(着物地をリメイクした巾着袋)」として商品化したのが始まりです。

現在は、箪笥に眠る古い着物地をリメイクし、再び世に送り出す「アップサイクル」に取り組んでいます。宮城県南部にある亘理町の女性達が着物地の色や柄を活かしながら、ひとつひとつ丁寧に手作りし、長い歴史の中で培われてきた日本の意匠の美しさに新たな命を吹き込んでいます。“ものを最後まで大切に使い切る”という古き良き再生文化を受け継ぎ、縁起の良い文様に込められた人々の幸せを願う心を、沢山の人に伝えていこうという想いを込めたものづくりです。

私たちのミッションは「日本の美しさとの出逢いを創り、幸せを世界につなぐ」ことです。WATALIS(ワタリス)の名前の由来は、宮城県亘理郡亘理町の亘理(わたり)とTALISMANというお守りの意味を持つ英語を組み合わせた造語です。 亘理町の地域ブランド発信のためにも企業名である「WATALIS」をより多くの方々に知ってほしい。また、唯一無二の東北のものづくりの象徴としての私たちの商品と東北発の新たな再生文化であるアップサイクルの取り組みについて、事業を通して日本全国、世界中に発信していきたいと考え、弊社の創立記念日である5月15日を記念日と定め、一般社団法人日本記念日協会から認定を受けました。

これからの取り組み

東日本大震災の後、閉店する店舗が増加し空洞化が進む亘理町五日町商店街にある空き店舗を借り受け、改装工事を行い、工房とギャラリーを併設したショップを開きます。 ギャラリーには一般社団法人日本記念日協会との共同プロジェクトにより製作した大型タペストリーを常設展示するほか、巡回展示会も企画しています。 多くの方々にご覧いただくことで、「毎日が誰かの大切な日」というメッセージを発信し、「人との繋がりを大切にし、日々を楽しんで生きる」ことを伝える一助としていきたいと考えています。

日本記念日協会との共同プロジェクト

一般社団法人日本記念日協会との共同プロジェクトにより製作した大型タペストリー
株式会社WATALISと一般社団法人日本記念日協会・kinenbiによる共同プロジェクト「誕生日タペストリー・366日」。366種類の着物地の袋で制作したタペストリーと、1日ごとの366種類のバースデーカードで、自分も含めた大切な人のことを想い、心に刻んでもらいたいとの願いが込められています。
日本記念日協会さまサイトにてご紹介いただいたページ