日本の美しさとの出逢いを創り、幸せを世界につなぐ

WATALISのめざすもの

WATALISは、箪笥に眠る古い着物地をリメイクし、再び世に送り出す 「アップサイクル」に取り組むブランドです。 宮城県南部にある亘理町の女性達が着物地の色や柄を活かしながら、 ひとつひとつ丁寧に手作りし、 長い歴史の中で培われてきた日本の意匠の美しさに新たな命を吹き込んでいます。 “ものを最後まで大切に使い切る”という古き良き再生文化を受け継ぎ、 縁起の良い文様に込められた人々の幸せを願う心を、 沢山の人に伝えていきます。

WATALISの商品

「One and only」

何千枚もの中から選りすぐった着物地で製作しています。 手にするたびにエネルギーを感じるような“世界に一つだけの日本の美しさ”をお届けします。

「懐かしくて新しい美しさ」

伝統的な柄の着物地にポップな色を組み合わせ、着物地の美しさを際立たせています。 今の暮らしの中にしっくり馴染んで、明るく晴れやかな気分にしてくれます。

「丁寧な手仕事」

ハンドメイド商品は、すべて宮城県亘理町の女性たちが製作しています。 手のぬくもりが伝わるような良質のものづくりに努めています。

WATALISとは

WATALISは、東日本大震災の被災地である宮城県亘理町で、地域の女性達が立ち上げたブランドです。「WATALIS〈ワタリス〉」という名称は宮城県亘理町の「WATARI」と“お守り”という意味の「TALISMAN」を組み合わせた造語です。
長い年月をかけて培われてきた“感謝の心”“手仕事の技”“再生文化”という地域の宝を形にし、 お守りのように大切に人から人へ手渡していきたいという思いを込めました。 私たちは、宮城県亘理町に拠点を置き、アップサイクルによる伝統文化の伝承と発信を続けていきます。

WATALISの商品は日本固有の民族衣装である「本物の着物」を素材にしています。 着物を作る過程には、日本人の繊細で卓越した職人の心と技が活かされています。 そのデザインには、四季折々に姿を変える豊かな自然の中で培われた日本人の独特の美意識が表現されています。 衣生活の変化により着用する機会が減った現在、たくさんの着物が日本中の箪笥に眠っています。

そして、衣類としての役割は終えていても、高齢の女性達にとって、着物は「嫁入りした時の持参品」であり、愛情を込めて婚礼の準備をしてくれた親への「ありがとう」の気持ちを思い起こさせてくれる品です。

「日本の美しさ」の象徴であり、時を越えてたくさんの「愛情」や「感謝」を伝えてくれる着物。 私たちはこれまでに約7tの着物を回収し、何千枚もの中から選りすぐった着物地を一つひとつ手作りで商品にしています。 大量生産はできません。だからこそ、とっておきのフレゼン卜にお使いいただきたいと願っています。

着物地の提供に関するお問い合わせ先はこちら

もったいないを使いたいに、WATALISのアップサイクル

寄附先のグリーンコープのファイバーリサイクル事業の詳細はこちらから
寄附先の共生地域創造財団の事業の詳細はこちらから

概要

団体名 株式会社WATALIS
所在地 〒989-2351
宮城県亘理郡亘理町字中町22(店舗併設)
電話 0223-23-1975
FAX 0223-23-1975
代表メール contact@watalis.co.jp
Webサイト http://watalis.co.jp/
メンバー
  • 代表取締役:引地 恵
  • 取締役:菊地 喜久江
沿革
  • [平成24年4月] 任意団体WATALIS設立
  • [平成25年4月] 一般社団法人WATALIS設立
  • [平成27年5月] 株式会社WATALIS設立
    一般社団法人WATALISから「着物地によるリメイク雑貨製造販売業」を株式会社WATALISに譲渡しました。

TEDx Tohoku 2014に代表の引地が参加いたしました。

FUGURO誕生までのストーリーやWATALISの目指すものについて語っています。

WATALISの取り組みを動画で紹介しています(2014年7月公開)

Googleの「未来への学び」サイトに掲載頂きました(2017年2月公開)

Googleの「未来への学び」サイトに掲載いただきました