扇文

団扇を携帯用に折りたためるようにしたものです。その形から「末広(すえひろ)」とも呼ばれ、末永く広がっていく幸せを表すとされています。

祭り−扇−

大正から昭和初期に仕立てられた女性の着物地の一部です。着物全体に大きく散らされた扇には、おめでたい吉祥文様の花や植物の意匠が華やかな色合いで描かれており、まるで「祭り」のような躍動感が伝わってきます。 扇の始まりは、平安前期に檜の薄板を綴じあわせて作られた檜扇とされています。優美な形と扇面の美しさから、王朝趣味の文様として長く愛され続け、現在でも宮中の十二単の装束やそれに準ずる礼装の場合は必ず手にされています。 また、その形から「末広(すえひろ)」とも呼ばれ、末広がりの幸せを連想させるおめでたさが喜ばれ、季節を問わず用いられる柄でもあります。 この着物を纏い、「祭り」のような晴やかな場を楽しみながら、若い娘が大人の女性へと艶やかに成長していく様が浮かんでくるようです。

扇文

[ 並び順を変更 ] -