桜文

春に愛でられる日本の代表的な鑑賞花で、文学や歌にも数多く取り上げられてきました。稲の神が宿るとされ、開花状況でその年の豊凶を占いました。
[ 並び順を変更 ] -