縞文

江戸時代に縦縞を「縞」と呼ぶようになり、単純明快な文様が好まれ流行しました。物事の筋を通し、立身出世に通じるともいわれています。

[ 並び順を変更 ] -