菊水文

平安時代に重陽の節句が伝来し、宮中行事として菊水の宴が催されました。菊湯に入り、菊の花びらを浮かべた酒を飲み、長寿を願いました。後に、菊の花びらを浮かべた水が万病に効くとされるようになりました。

[ 並び順を変更 ] -