瓢箪文

実を鈴なりに実らせることから開運や繁栄の象徴とされてきました。豊臣秀吉の馬印としても用いられ、戦勝のたびに瓢箪の数を増やしていった”千成瓢箪”の話が有名です。また、中が空洞であるため神が宿るとされ、種がたくさん詰まっていることから子宝に恵まれるとの縁起が担がれました。

[ 並び順を変更 ] -