着物の処分にお困りの方へ


代々伝わる着物は、先祖が残してくれた大切な我が家の財産。
あなたは売りますか?捨てますか?

着物の処分にお困りの方、捨てずにいかす方法があります!
自分に手入れが難しいと思ったら、着物が綺麗なうちに生まれ変わらせませんか?

私たちは着物地をリメイクし、再び世に送り出すアップサイクルに取り組んでいます。これまでに約9t以上の着物を扱ってまいりました。
箪笥に眠っている着物たちを新たな形に生まれ変わらせ、大切に使ってくれる人のもとへお届けします。どうか安心してお任せください。

WATALISでは着物の寄付を受け付けています。

メールフォームからのお問い合わせはこちら

WATALISのオーダーメイド


着ていた人も、きっと喜んでくれる活かし方
思い出と共に、形を変えて着物を手元に残すことができます。

母の訪問着、娘の晴れ着、代々受け継いできた着物…
想いがこもったその着物、
WATALISのオーダーメイドで、生まれ変わります。

日本で生きるわたしたちにとって、着物は、ただの衣服ではありません。
お宮参りから始まり、七五三、成人式、結婚式など、人生の折々を彩るものです。嫁入り道具として着物を持たせる風習も、まだ根強く残っています。

代々保管してきた着物も、なおのこと。箪笥から出してみれば、祖父母や先祖が着ていた場面を思い出すものです。
そう、着物には、つくった人、あつらえた人、着た人、そして周囲の人の想いが詰まっているのです。

けれども、むかしの人が着ていた着物は、サイズが小さかったり、流行遅れの色柄だったりするため、中古着物として流通させることが難しく、恐ろしく安い値段になってしまうことが多く、処分料がかかる場合さえあるのが現状です。
かといって、ゴミとして処分するのは嫌だし、もったいない。
着物にこもった想いを、無下にしたくない!

そんな皆様の想いを受けて、わたしたちは「オーダーメイド」を始めました。
たくさんの人のあたたかい想いがこもった着物を、職人たちの丁寧な縫製で「FUGURO」や「テディベア」にします。
着物の状態に合わせて、可能な範囲で何個でもオーダーOKです。
箪笥のこやしになってしまっていた思い出の着物を、目に見える形に生まれ変わらせてみませんか。

わたしたちWATALISが、あなたの想いを応援します。

WATALISは、東日本大震災後に宮城県亘理町で生まれました。 亘理には、着物のハギレを「袋」にして、感謝の気持ちを表すという習慣があります。 そんな布を大切にし、想いを再生させるという生き方を、「FUGURO」つくりを通して、伝承していきたいと考えています。
「WATALISのオーダーメイド」も、そんな信念とともに始まりました。想いをよみがえらせ、大切に受け継いでいくお手伝いをしていきます。

「取引業者にひきとってもらえない」
「買い取り金額があまりに安く、思い出をないがしろにされた気持ち…」
「形見分けでもらったものの、どうしていいかわからない」
「先祖代々の財産を無下にしたら、バチがあたりそう…」

「WATALISのオーダーメイド」なら、 そんな着物に、あらたな生命を吹き込みます!

喜びの声をお寄せいただいています。
「同じ着物でFUGUROを3つ作り、きょうだいで形見分けにしました」
「故人の思い出を語り合うきっかけになりました」
「母があの世で喜んでくれているような気がします」
「着物のことがずっと気にかかっていたのでほっとしました。すっきりしました」

(購入者の声)
祖母や曾祖母が着ていた仕立てのいい着物が、ずっと箪笥のこやしになっていました。お祝いや宴席で祖母が着ていたのを覚えていて、手放すのを躊躇していました。いいものだからと引き取り業者に見てもらったこともあるのですが、提示された金額はなんと千円以下。思い出の財産だと思っているので、とてもショックでした。
そんな時に出会ったのが「WATALISのオーダーメイド」です。「FUGURO」の丁寧な縫製を見て、ここなら、と思い相談しました。シミや汚れの部分を避けて、思い出に残っている柄や色を聞いてくださり、とってもかわいいテディベアとFUGUROをつくってもらいました。とてもうれしく、茶の間に飾ってお客さまに見せています。
祖母や、亡くなった母の供養にもなるような気がして、仏壇にそなえました。よろこんでくれているような気がします。

メールフォームからのお問い合わせはこちら

オーダーメイドのページはこちら