WATALISについて

WATALISとは

WATALISは、東日本大震災の被災地である宮城県亘理町で、地域の女性達が立ち上げたブランドです。
「WATALIS〈ワタリス〉」という名称は、宮城県亘理町の「WATARI」と“お守り”という意味の「TALISMAN」を組み合わせた造語です。
長い年月をかけて培われてきた「感謝の心」「手仕事の技」「再生文化」という地域の宝を形にし、お守りのように大切に人から人へ手渡していきたいという思いを込めました。私たちは、宮城県亘理町に拠点を置き、アップサイクルによる伝統文化の伝承と発信を続けていきます。

WATALISの商品は、日本固有の民族衣装である「本物の着物」を素材にしています。
その制作過程には、日本人の繊細で卓越した職人の心と技が活かされ、そのデザインには、四季折々に姿を変える豊かな自然の中で培われた、日本人の独特の美意識が表現されています。

しかし着物は、衣生活の変化とともに着用する機会が減ってしまいました。
いま、日本中の箪笥には、技を尽くし、想いが込められ着物が、たくさん眠っています。

衣類としての役割を終えた着物。
けれども、それはただの古い布ではなく、一枚一枚にまとう人の幸せを願う限りない心が込められた品です。
例えばある着物は「嫁入りした時の持参品」であり、愛情を込めて婚礼の準備をしてくれた親への「ありがとう」の気持ちを思い起こさせてくれる品。ある着物は「七五三の晴れ着」であり、子どもの健やかな成長を願った品。

着物は「日本の美しさ」の象徴であるとともに、時を越えてたくさんの「愛情」や「感謝」を伝えてくれるものでもあるのです。
私たちはこれまでに約8tの着物を回収し、何千枚もの中から選りすぐった着物地をひとつひとつ手作りで商品にしています。
大量生産はできません。
だからこそ、とっておきのフレゼン卜にお使いいただきたいと願っています。